後悔するところがひとつもない100%満足の家です|三条市、燕市で新築住宅、注文住宅、ローコスト住宅、デザイン住宅を建てるなら。ハーバーハウス燕三条支店へ。(三条市、燕市、加茂市、弥彦村)

<ご質問・ご相談>お問い合わせ先

0120-668-847

平日:9時~19時 / 土日祝:10時~18時

VOICEお客様の声

お客様の声
後悔するところがひとつもない100%満足の家です

ハーバーハウスを選んだきっかけ、理由はなんでしょうか?

 以前はアパートに住んでいましたが、子どもが生まれてからは泣き声とかで周囲に気をつかうようになりました。隣の部屋の音も聞こえるから、うちの音も聞こえるんだろうな、って。「そういうのが気にならない環境に行きたい。じゃぁ家を建てよう!」と。ちょうど知人がハーバーハウスに勤めていたので「9月には住みたいから、お願いね!」と土地も決まっていない12月に無理を言いました(笑)。

お客様の声

家づくりにはどのようなご要望をお持ちでしたか?

 いや〜、私たちはまったく要望がなくて。「こだわりがないにこだわった家」がテーマだったくらい(笑)。設計の担当だった田邊さんにすべてお任せしました。こだわり始めるとキリがないでしょう。だから「できるだけシンプルな家にしてください」ってお願いしました。

 田邊さんが最初に出してくれたプランもすごく良くて「もう、これでいいです」と言ったら、実家の家族から「バカじゃないの?」と言われたほどこだわりがなかった(笑)。設計で何ヶ月もかかるケースもあるそうですが、ほんっとにそれで良かったんですよ。結局2回直しましたが、ほぼ最初のプランそのままでしたね。2週間で決めてしまったので家が早くできました。打ち合わせも楽しくて、家を建てること以外の話もたくさんしました。「田邊さん大好きだよね〜」と今でもふたりで話すほど大好き。

外観 お客様の声

とてもスムーズなお打ち合せだったのですね。

 はい。「ああしたい、こうしたい」はなかったし、コーディネートもお任せだったし。住んで3年経ちましたが「こうすれば良かった」と後悔するところがひとつもないですね。100%満足しています。家のプランもわかりやすかったんですよ。打ち合わせはハーバーハウスでやりますが、そこのパソコンの画面で立体的な家のデザインを見せてもらえる。その時の画面のデザインと実際に建った家を比べても違和感はなかったですね。

 あっ、でも少し希望はあったかな。カーテンレールにホコリがたまるのが嫌だったので天井に埋めてもらいました。あと、口数の少ないパパが「書斎がほしい」と。いつもは言わない人が言うことだから叶えたいと寝室の隣に作ってもらいました。

カーテンレール
「カーテンレールにホコリがたまるのが嫌」
奥様からのご希望で、レールを天井に埋めてスッキリ使いやすく。

土地はどのようにお探しになりましたか?

 これもハーバーさんに頼みました。地域だけ伝えたら金額も立地も条件ピッタリの物件を探してくれて。生活が便利になりましたね。前はスーパーまでが遠かったのですが、歩いて5分のところにあって買いだめをしなくなりました。

お住まいになって3年経ちましたが、とても綺麗にされていますね。

 掃除が趣味なんです。ヒマさえあればやっています。家の中にものがいっぱいあるのが苦手で収納も最低限にしてもらいました。一個買ったら一個捨てる、収納に入らなくなったら捨てる、をしています。あと、何かあったらすぐにアフターの小島さんに相談しています。

掃除が趣味

アフターメンテナンス課の対応はいかがですか?

 小島さん、動きが早いですよね。すぐ来てくれるし、気軽に相談できる雰囲気がある。1年目と2年目の点検は無料ですよね。家を見てもらえるというのは安心です。先日も掃除機をかけるフックを壁に付けようと思ったけど、どこに付けたら良いかわからないから連絡したらすぐに対応してくれました。家を建てた後の専用窓口があると便利ですよね。

ハーバーハウスで家を建てたご感想をお聞かせください。

 「9月までに住みたい」と結構わがままを言って担当者さんたちを巻き込みましたが、みんないい人でスタッフに恵まれたと思います。さっきも話しましたが田邊さんやコーディネーターの古川さんとの打ち合わせはメチャクチャ楽しかったですよ。気軽に話せる雰囲気がありました。知人がいるからじゃないけど、価格も良かったし、100%満足しています。

 これからはこの家で、子どもの成長を楽しみながら暮らしたいと思います。

お客様の声
  • 設計デザイン室
    設計デザイン室
    田邊 龍司
  • 設計担当者からひと言

    高橋様のお宅を担当させていただきましたハーバーハウスの田邊です。
    お知り合いからのご紹介で来社されての初回打合せ。要望が本当に少なく、四角い家と収納いっぱいだけからのスタート。基本スタンスは、お互いに言い合える打合せで、良いも悪いも色々と話をしました。お客様のイメージとプロとしてのアドバイスがしっかりと融合で来た『マイホーム』が完成したと思っています。